岩手県のご当地グルメ

岩手県は各地、魅力的なグルメが豊富です。町おこしとして新顔のご当地グルメも登場しています。
岩手県に来たらぜひ食してみたいおススメご当地グルメを地域別で紹介します。

<盛岡市>
☆わんこそば
おわんに給仕さんが次々とそばを投げ入れ、お腹いっぱいになるまで食べ続けるという独特なスタイルでいただくわんこそば。
やくみも豊富で、のり、白ごま、青しそなどの薬味やまぐろなどのお刺身、なめこなどの山の幸といっしょにいただけるので、色々な味を堪能しながら飽きることなく食べることができます。ただし、おわんにふたをするまで次々とそばが注がれるのでお腹がっぱいになってきたらおわんにふたをして「ごちそうさま」の合図を忘れずに。

☆盛岡冷麺
お土産としても人気の盛岡冷麺はキムチの酸味とマッチしたコクのある冷たいスープと
シコシコとコシのある麺がやみつきになります。
全国でも焼肉店の〆の一品として定番化しつつありますが、ぜひ本場の冷麺を食してみたいですね!

☆盛岡じゃじゃ麺
小麦粉から作られた平たい麺にキュウリやネギ、 特製肉みそを全体によく絡めて食べる盛岡じゃじゃ麺。
お好みでおろし生姜やラー油、おろしニンニク、酢などを加えて味の変化を楽しむのもおすすめです。
またお皿に一口分のじゃじゃ麺を残し、生 卵を頼んでお皿に割り入れ、ゆで汁と肉みそを加えてもらい熱々の「鶏卵湯(チータンタン)スープ」を〆でいただくのも通な食べ方です。

<一関市>
☆いちのせきハラミ焼
一関市内には鶏肉を生産・加工する企業が昔からあり、養鶏も盛んになっています。
室根町では昭和40年代ころまで鶏を一般家庭で飼い、食していた歴史もあり、
こちらの地域では大変身近な食材でした。
鶏一羽から2つしかとれない貴重な腹膜の部位「ハラミ」。
そのハラミを地元産の材料をふんだんに使用した特製みそだれで香ばしく焼き上げた料理です。

☆餅料理
一関市では良質な餅米が産出され、この地域には昔から餅文化が根付いています。
ここで作られるもち料理の多彩さは日本一といわれているほどです。
市内ではもち料理を提供する店舗がたくさんあり、定番のあんこやずんだの他に、
トマトや納豆、沼エビなどをトッピングしてもちの様々な食べ方や味をたのしめます。

<遠野市>
☆遠野ジンギスカン
遠野では昔から多くの農家でホームスパン用に羊を飼育していたため、まだ日本では羊肉を食すことが珍しかった時代も新鮮な羊肉が手に入りやすい環境でした。
ジンギスカンは北海道に並んでこの地域の方にとっては身近な料理となっています。

<久慈市>
☆久慈まめぶ汁
NHK連続テレビ小説『あまちゃん』内で登場し一躍有名になった久慈まめぶ汁。
まめぶ汁は、岩手県久慈市山形町(旧山形村)のみに伝わる郷土料理です。
きのこや野菜豆腐が入った醤油ベースの汁になんと黒糖とクルミが包まれた餅が浮かぶなんとも不思議な汁物・・・しかしそのマッチングがクセになる人も続々!

<大船渡市>
☆大船渡さんまらーめん
大船渡市の新たなご当地グルメとして登場した大船渡さんまらーめん。
大船渡で水揚げされたサンマを使用しているのが特徴です。
市内の店舗で提供せれるさんまらーめんはそれぞれに違う顔をもち、さんまをスープのダシとして使用したり、トッピングのようにみりん干し、さんま甘露煮、サンマのかば焼き、さんますり身などががのせられられているラーメンもあります。さんまの旨みが堪能できる一杯ぜひ食してみたいですね。

<北上市>
☆北上コロッケ
北上市の新顔ご当地グルメ北上コロッケ。
特徴は地元産の粘りが強くコクがある「二子さといも」、豊かな自然の中で育った「黒毛和牛(きたかみ牛)」、ビタミンB1やミネラルが豊富な「白ゆりポーク」、県内一の収穫量を誇る「アスパラガス」の4つの素材が使用されていること。
現在、北上市内の店舗では北上コロッケをサンドイッチや丼物、巻き寿司、そばやうどんに
トッピングしたりとアレンジされた食べ方を楽しむことができます。

<岩手郡岩手町>
☆いわてまち焼うどん
岩手町は農業の町としてキャベツをはじめ豊富な野菜を生産しています。
この岩手町産の野菜を材料として町内の方の公募から「いわてまちキャベ塩焼きうどん」が登場しました。
いわてまち焼きうどん専用ゆで麺を岩手町産の野菜とともに特製塩だれとオリーブオイルで炒め、野菜の旨みを十分に生かした一品となっています。

岩手県各地のお祭り・イベント

岩手県内では年間を通して多彩なお祭りやイベントが数多く開催されます。数ある中から特に人気のある祭り、イベントを季節別にいくつか紹介していきます。

<1月~3月冬>寒さ厳しい東北の地。しかしそんな環境を生かした雪まつりはこの地方ならではのイベントですね。

☆いわて雪まつり  岩手郡雫石町小岩井農場内 【開催日】1月下旬~2月初旬
毎年小岩井農場で開催される「いわて雪まつり」。
自衛隊員たちも参加して造られる雪像は毎年違ったテーマで来場者を楽しませてくれます。
連日ステージショーやファンタジー花火、ご当地グルメなどのイベントが催され、多くの観光客で賑わいます。
夜になると、雪像や氷像がライトアップされ幻想的に浮かび上がります。

<4月~5月春>
ようやく暖かい春が訪れ各地でお花見が盛んなシーズンですね。岩手でも、桜だけでなくつつじやチューリップなども楽しめるイベントが開催されます。

☆北上展勝地さくらまつり 岩手県北上市立花 【開催日】4月中旬~5月初旬
全国の桜名所百選に選定された北上展勝地は、「北上展勝地さくらまつり」の時期になると全国からの花見客で賑わう人気の桜まつりです。
北上川沿いの約2kmの桜並木は、桜のトンネルとなり、まつり期間中は並木間を観光馬車、川面には観光遊覧船と渡し舟が往来し300匹の鯉のぼりが空を泳ぎます。桜と鯉のぼりのコラボレーションは何とも目にも鮮やかな華やぐ光景ですね。
夜はライトアップされ昼間とは違う幻想的な桜を堪能することができます。

☆室根山つつじまつり 一関市室根町折壁字室根山    【開催日】5月下旬~6月上旬
室根山山頂からは太平洋や奥羽山脈が一望できますが、つつじまつりの時期になると、そこにもうひとつツツジの赤い絨毯が広がっています。この3つのコントラストはまさに絶景。
車道周辺にもツツジが咲き誇るため、ドライブをしながら真っ赤の染まった沿道を楽しむことができます。
また、期間中には室根山スカイスポーツ大会や郷土芸能イベントも開催されます。

☆森と水とチューリップフェスティバル 岩手県九戸郡軽米町大字小軽米20-3-1(雪谷川ダムフォリストパーク・軽米)【開催日】5月上旬~5月中旬
5月の雪谷川ダムフォリストパーク・軽米では、30品種15万本チューリップが咲き誇っています。「森と水とチューリップフェスティバル」ではチューリップに囲まれながら郷土芸能やキャラクターショーなどのステージイベントの他、各種特産品や食べ物飲み物が販売される出店会場もありご当地グルメも堪能できそうですね。

<6月~8月夏>
一年のなかでもっとも祭りやイベントが多いこの季節。岩手ならではの個性あふれる夏のイベントを紹介します。

☆盛岡さんさ踊り  岩手県盛岡市 中央通会場【開催日】8月初旬
東北地方で最も早く開催される盛大な夏祭りです。
踊り集団のパレードが続き「和太鼓同時演奏の世界記録」としてギネス認定された世界一の
太鼓の祭りでもあります。
どなたでも参加が可能な輪踊りも催されるので、ぜひ参加してお祭り気分をより一層盛り上げたいですね!

☆全国地ビールフェスティバル    岩手県一関市(一関文化センター前広場)    【開催日】8月中旬
全国の地ビールが集まる、ビールファンにとってはたまらないイベントです。
地ビールの種類は300種を超える勢い!飲み比べや新たなお気に入りを見つけるの
も楽しいですね。
冷えたビールと地場産品のおつまみやお料理もいただきながら夏の蒸し暑さも吹き飛ばす
爽快感を味わってみては?

<9月~10月秋>
岩手では夏に続いて秋も引き続き祭りやイベントが満載です。
過ごしやすくなる行楽シーズンは各地からの観光客も楽しめるイベントが豊富です。

☆奥州YOSAKOIinみずさわ 水沢区市街地(駅通り、横町、大町)【開催日】9月中旬
水沢秋の一大イベント「奥州YOSAKOI in みずさわ」は、全国各地から踊り子が集結し、華やかな衣装に身を包み、熱気あふれる演舞が披露されます。演舞だけでなく「チーム旗の競演」や、踊り子総勢で参加する「総踊り」も見どころです。
市内外商工業者による「商人まつり」も併催されるので隠れご当地もの発見や、お土産などの買い物も楽しめそうですね。

☆全国太鼓フェスティバル  岩手県陸前高田市高田町字鳴石5-1 陸前高田市立高田第一中学校体育館【開催日】10月第3日曜日
太鼓の甲子園として知られる「全国太鼓フェスティバル」は全国を代表する太鼓団体によって
伝統太鼓や創作太鼓が競演されます。勇壮で迫力満点の太鼓は多くの観衆を心を惹きつけています。
全国から沢山の出演希望が寄せられる注目度の高い陸前高田市のイベントとなっています。

☆八幡平紅葉まつり 八幡平市松尾寄木第1地割515-5 岩手県県民の森 【開催日】毎年10月中旬
岩手県県民の森フォレストアイ駐車場を会場に、2日間様々なイベントが開催されています。
杜仲茶ポークのジャンボチーズドッグ早食い競争や、フリーマーケットin八幡平、もちつき振舞、
丸太切り競争とどれも来場者が楽しめそうなものが満載。
「八幡平紅葉ウォーキング(事前申込みが必要)」ではガイドと共に八幡平の恵まれた自然と
紅葉を満喫しながら七滝や松川玄武岩を目指します。

岩手県の伝統的なお祭り

岩手県内では古くから伝わる伝統的なお祭りが数多く開催されます。
数ある中から季節別にいくつか紹介していきます。

冬~春

<盛岡八幡宮初詣> 岩手県盛岡市八幡町13-1 【開催日】1月1日~3日

地域の人々に「お八幡さん」と親しまれる県下随一の大社「盛岡八幡宮」。
300年以上の歴史をもつ「盛岡八幡宮」の敷地内には縁結美神社や交通安全祈祷殿など12の社殿が存在し、農業、商業、学業などの神をまつっています。
地域住民を中心に親しまれ続けてきた「盛岡八幡宮」は、現在も多くの参拝者が訪れます。
初詣には毎年3が日で20万人を超す参拝者でにぎわいます。

その他1月の中旬に「盛岡八幡宮」で行われるイベントとして有名なのが「裸参り」です。
新年の防火と無病息災を祈願して近隣の若者たちが裸にさらし、腰みのをつけ太しめ縄を背負い鐘の音に合わせ悠然と歩きます。

<黒石寺蘇民祭 > 奥州市水沢区黒石町字山内17 黒石寺 【開催日】2月下旬

1月から3月にかけて岩手県内ではいわゆる裸祭りである蘇民祭が各地で行われます。
その中でも有名なのは黒石寺で行なわれる蘇民祭です。五穀豊穣を願う裸参りに始まり、
柴燈木登、別当登、鬼子登と夜を徹して行われます。
クライマックスは翌早暁にかけて繰り広げられる蘇民袋の争奪戦!
闘争心溢れる男のぶつかり合いは相当の迫力でしょうね。

<チャグチャグ馬コ >    滝沢村・盛岡市 【開催日】6月中旬

「日本の音風景100選」に選定されたチャグチャグ馬コは農耕馬に感謝する200年以上の歴史を誇る伝統行事です。
岩手山を背景に色とりどりの装束をつけた百頭近くの馬が鈴の音を鳴らしながら滝沢市鬼越蒼前(おにこしそうぜん)神社で参拝し、盛岡八幡宮までの約13キロの道のりを行進します。

<盛岡さんさ踊り> 岩手県盛岡市 中央通会場【開催日】8月初旬

東北地方で最も早く開催される盛大な夏祭りです。
踊り集団のパレードが続き「和太鼓同時演奏の世界記録」としてギネス認定された世界一の
太鼓の祭りでもあります。
どなたでも参加が可能な輪踊りも催されるので、ぜひ参加してお祭り気分をより一層盛り上げたいですね!

<花巻まつり>     岩手県花巻市上町周辺 【開催日】毎年9月第2土曜日を中日とした金・土・日

400年以上の歴史と伝統を誇る「花巻まつり」は風流山車や100基を超える神輿、花巻ばやし踊りなどの華やかなパレードが繰り広げられ、花巻最大の熱気あふれる祭りです。
花巻開町の祖・北松斎を敬い、北松斎の命日に行うようになったことが始まりです。

<岩手町秋まつり(大名行列)>岩手郡岩手町沼宮内 地内 【開催日】毎年10月第1金・土・日曜日

その年の豊作を祝って催される「沼宮内稲荷神社例大祭」は人形や造花等で華やかに飾られた山車が街を練り歩きます。
様々な伝統をもつ踊りと北上川清流太鼓も合わさった賑やかなパレードが見どころです。

岩手県へ新幹線でのアクセス

東京方面からのアクセスは東北新幹線の利用が便利です。東京駅から岩手県内の各駅への所要時間は下記を参考にしてください。
他に岩手県と秋田県を結ぶ秋田新幹線があります。

<東北新幹線>
東京駅から新青森駅を最短2時間59分で結ぶ新幹線で最も長い距離を持つ新幹線です。
主要駅は東京 – 福島(福島) – 仙台 – 盛岡 – 八戸 – 新青森です。

<秋田新幹線>
盛岡駅から秋田駅までを結ぶ在来線。盛岡駅 – 東京駅間で東北新幹線との直通運転を行っているため、東京駅 – 秋田駅間も秋田新幹線と呼ばれます。
新在直通方式のミニ新幹線で在来線区間のほとんどが、秋田県内であり、北東北を横断するような線形です。

<岩手県内の東北新幹線・秋田新幹線停車駅の紹介>

・一ノ関(いちのせき) 東北本線、大船渡線に乗り換え可能。
東北新幹線  やまびこ    東京駅からの所要時間 2時間34分。
秋田新幹線 こまち・やまびこ 秋田駅からの所要時間 2時間34分

・水沢江刺(みずさわえさし)
東北新幹線 やまびこ    東京駅からの所要時間 2時間48分
秋田新幹線 こまち・やまびこ 秋田駅からの所要時間 2時間24分

・北上(きたかみ)  北上線、 東北本線に乗り換え可能。
東北新幹線 やまびこ     東京駅からの所要時間 2時間57分
秋田新幹線 こまち・やまびこ 秋田駅からの所要時間 2時間13分

・新花巻(しんはなまき)  釜石線に乗り換え可能。
東北新幹線 やまびこ     東京駅からの所要時間 3時間5分
秋田新幹線 こまち・やまびこ 秋田駅からの所要時間 2時間5分

・盛岡(もりおか)  田沢湖線 、東北本線 、花輪線、 山田線に乗り換え可能。
東北新幹線 はやぶさ 東京駅からの所要時間 2時間13分
やまびこ     〃      3時間18分
秋田新幹線 こまち  秋田駅からの所要時間 1時間35分

・いわて沼宮内(いわてぬまくない)
東北新幹線 はやぶさ 東京駅からの所要時間 2時間29分

・二戸(にのへ)
東北新幹線 はやぶさ 東京駅からの所要時間 2時間41分

ビジネスにも観光にも移動時間の短縮とラクさで選べばやはり新幹線は強い味方ですね。

岩手県へ飛行機でのアクセス

いわて花巻空港への飛行機の便は札幌の新千歳空港、大阪の伊丹空港、福岡の福岡空港、
名古屋の県営名古屋空港からそれぞれ発着便がでています。

<JAL>

・札幌(新千歳)
札幌発→花巻着 所要時間 約1時間 (1日3便運航)

・大阪(伊丹)
伊丹発→花巻着 所要時間 約1時間20分 (1日4便運航)

・福岡
福岡発→花巻着 所要時間 約2時間 (1日1便運航)

<FDA>

・名古屋(小牧)
小牧発→花巻着 所要時間 約1時間20分 (1日3便運航)

<空港発着の各交通機関>
いわて花巻空港到着後の交通手段はバスや路線バス、エアポートライナー、タクシー、レンタカーなどです。
お値打ちで便利な路線バスやエアポートライナーについて紹介します。

・バスを利用する場合
空港アクセスバスは盛岡⇔いわて花巻空港を結ぶ高速バスです。
新設された「JR花巻空港駅」を経由します。
「JR花巻空港駅」は花巻空港より所要時間10分(運賃290円)
盛岡駅へは所要時間約43分(運賃1400円)で到着します。

・エアポートライナーを利用する場合
エアポートライナーはいわて花巻空港を発着地とする事前予約の乗合タクシーです。
岩手県内6コース(水沢・江刺・平泉・一関方面|花巻南温泉峡方面|東和・遠野方面|
つなぎ・鶯宿温泉方面|後藤野・堅川目工業団地方面|北上・金ヶ崎方面)と
様々な方面へのコースが用意されており、事前に予約することで普通のタクシーを利用するよりもお値打ちな料金で利用することができます。

<いわて花巻空港の紹介>
岩手県の雄一の空港である花巻空港は花巻市中心部より約4km離れた場所にあります。
周辺には東北新幹線 新花巻駅や、東北自動車道・釜石自動車道のインターチェンジもあり、一大交通拠点となっています。
最寄駅「JR花巻空港駅」までは車で5分の距離がありますから電車に乗り換えの場合は路線バスの利用がおすすめです。

・階別施設案内
1階
航空会社カウンター、到着ロビー(国内線・国際線)、花巻警察署空港内警備派出所
2階
出発ロビー

搭乗待合室(国内線・国際線)、入国審査場、出国審査場
3階
送迎デッキ(無料)、キッズコーナー
多目的広場

駐車場(無料)- 1,150台

送迎デッキ(3F)では屋外デッキで飛行機の離発着を間近で見学することができます。
お子様連れにもおすすめです。

空港では岩手土産も豊富に揃っています。
なかでも人気の土産をいくつか紹介します。

・へっチョコ饅頭
やはりお土産には手軽でどんな方にも喜ばれるスイーツが人気ですね。
へっチョコ饅頭は濃厚なチョコレートを小豆餡とココア生地で包みしっとりと焼き上げています。
中も外もチョコレート一色のおまんじゅうです。

・海宝漬
定番の名産品「海宝漬」は岩手三陸の厳選したあわび、イクラ、メカブの醤油漬けを箱に敷き詰めたものです。
たっぷりと敷き詰められたキラキラ輝くイクラとアワビの豪華さはまるで本当のお宝箱のよう。
見た目もインパクトがあります。

・盛岡冷麺
こちらも有名な岩手の名産品ですね。シコシコ麺にコクのあるスープとキムチの辛味と酸味のきいた盛岡冷麺は全国にもファンが多いことでしょう。お土産に喜ばれる逸品ですね。

・かもめの玉子
かもめの玉子は素材の持ち味を生かし、 しっとりほくほくの黄味餡をホワイトチョコレートで包みあげた風味豊かなお菓子です。
やさしい味わいで、コロンとした見た目もかわいらしいスイーツです。