岩手県のご当地グルメ

岩手県は各地、魅力的なグルメが豊富です。町おこしとして新顔のご当地グルメも登場しています。
岩手県に来たらぜひ食してみたいおススメご当地グルメを地域別で紹介します。

<盛岡市>
☆わんこそば
おわんに給仕さんが次々とそばを投げ入れ、お腹いっぱいになるまで食べ続けるという独特なスタイルでいただくわんこそば。
やくみも豊富で、のり、白ごま、青しそなどの薬味やまぐろなどのお刺身、なめこなどの山の幸といっしょにいただけるので、色々な味を堪能しながら飽きることなく食べることができます。ただし、おわんにふたをするまで次々とそばが注がれるのでお腹がっぱいになってきたらおわんにふたをして「ごちそうさま」の合図を忘れずに。

☆盛岡冷麺
お土産としても人気の盛岡冷麺はキムチの酸味とマッチしたコクのある冷たいスープと
シコシコとコシのある麺がやみつきになります。
全国でも焼肉店の〆の一品として定番化しつつありますが、ぜひ本場の冷麺を食してみたいですね!

☆盛岡じゃじゃ麺
小麦粉から作られた平たい麺にキュウリやネギ、 特製肉みそを全体によく絡めて食べる盛岡じゃじゃ麺。
お好みでおろし生姜やラー油、おろしニンニク、酢などを加えて味の変化を楽しむのもおすすめです。
またお皿に一口分のじゃじゃ麺を残し、生 卵を頼んでお皿に割り入れ、ゆで汁と肉みそを加えてもらい熱々の「鶏卵湯(チータンタン)スープ」を〆でいただくのも通な食べ方です。

<一関市>
☆いちのせきハラミ焼
一関市内には鶏肉を生産・加工する企業が昔からあり、養鶏も盛んになっています。
室根町では昭和40年代ころまで鶏を一般家庭で飼い、食していた歴史もあり、
こちらの地域では大変身近な食材でした。
鶏一羽から2つしかとれない貴重な腹膜の部位「ハラミ」。
そのハラミを地元産の材料をふんだんに使用した特製みそだれで香ばしく焼き上げた料理です。

☆餅料理
一関市では良質な餅米が産出され、この地域には昔から餅文化が根付いています。
ここで作られるもち料理の多彩さは日本一といわれているほどです。
市内ではもち料理を提供する店舗がたくさんあり、定番のあんこやずんだの他に、
トマトや納豆、沼エビなどをトッピングしてもちの様々な食べ方や味をたのしめます。

<遠野市>
☆遠野ジンギスカン
遠野では昔から多くの農家でホームスパン用に羊を飼育していたため、まだ日本では羊肉を食すことが珍しかった時代も新鮮な羊肉が手に入りやすい環境でした。
ジンギスカンは北海道に並んでこの地域の方にとっては身近な料理となっています。

<久慈市>
☆久慈まめぶ汁
NHK連続テレビ小説『あまちゃん』内で登場し一躍有名になった久慈まめぶ汁。
まめぶ汁は、岩手県久慈市山形町(旧山形村)のみに伝わる郷土料理です。
きのこや野菜豆腐が入った醤油ベースの汁になんと黒糖とクルミが包まれた餅が浮かぶなんとも不思議な汁物・・・しかしそのマッチングがクセになる人も続々!

<大船渡市>
☆大船渡さんまらーめん
大船渡市の新たなご当地グルメとして登場した大船渡さんまらーめん。
大船渡で水揚げされたサンマを使用しているのが特徴です。
市内の店舗で提供せれるさんまらーめんはそれぞれに違う顔をもち、さんまをスープのダシとして使用したり、トッピングのようにみりん干し、さんま甘露煮、サンマのかば焼き、さんますり身などががのせられられているラーメンもあります。さんまの旨みが堪能できる一杯ぜひ食してみたいですね。

<北上市>
☆北上コロッケ
北上市の新顔ご当地グルメ北上コロッケ。
特徴は地元産の粘りが強くコクがある「二子さといも」、豊かな自然の中で育った「黒毛和牛(きたかみ牛)」、ビタミンB1やミネラルが豊富な「白ゆりポーク」、県内一の収穫量を誇る「アスパラガス」の4つの素材が使用されていること。
現在、北上市内の店舗では北上コロッケをサンドイッチや丼物、巻き寿司、そばやうどんに
トッピングしたりとアレンジされた食べ方を楽しむことができます。

<岩手郡岩手町>
☆いわてまち焼うどん
岩手町は農業の町としてキャベツをはじめ豊富な野菜を生産しています。
この岩手町産の野菜を材料として町内の方の公募から「いわてまちキャベ塩焼きうどん」が登場しました。
いわてまち焼きうどん専用ゆで麺を岩手町産の野菜とともに特製塩だれとオリーブオイルで炒め、野菜の旨みを十分に生かした一品となっています。